【最新版】お菓子の売上ランキングはこちらからどうぞ! PUSH

天乃屋 古代米煎餅 レビュー

天乃屋古代米煎餅レビュー
『栗オネくん』

こんにちは😀栗オネくん(@kurionekun461)です。
たくさんのブログがある中、当ブログへ今日もお越くださり誠にありがとうございます💙

ピンクリ

栗オネくん😊については、以下の通りです

おせんべいの美味しいのを探してるんだけど、何かオススメのおせんべいってないのかな?

こんな質問やお悩みにお答えします。

栗オネくんのプロフィール
  • お菓子を仕事で試食して仕入れをする毎日
  • お菓子を食べ続けて3500日更新中
  • お菓子の食べ方で体重5kg減量成功!
栗オネくん
本題がはじまる前に

おいしいお菓子を買って食べている方々の顔を想像し責任を持って記事にしていきます。

是非、記事の最後までおつき合いください。

また、各メーカー様のご協力により深堀りをしていくことが出来ますことをこの場をお借りし御礼申し上げます。

以下メーカー様の敬称は略させて頂きます。

この記事を読むメリット

ブルクリ

本記事をお読みいただければ、お菓子の事全般や太るお菓子の事や太らない食べ方などをを詳しく理解できるようになり、毎日鏡の前で悩まず健康的に無理せずストレスフリーでお菓子を食べていくことができます!

目次

お菓子の重要な役割

お子様は、野菜が苦手で食べられないという方多いのではないでしょうか。

小さなお子様には好き嫌いがつきものです。

お菓子にはいろんな栄養素が含まれています

今、販売されているお菓子にはミネラル、ビタミン、などの多くの栄養素が含まれています。それは多くの企業様が食育という分野に積極的に取り組みをしているからです。

ですから、お子様の栄養補給にお菓子は最適なアイテムです。

甘いお菓子は脳に栄養素や血液を運ぶ働きがあります

脳が働くにはブドウ糖は不可欠です。1時間に5gを必要とします。ラムネのようなタブレット類は最適なお菓子です。特に受験生は必携ですね。

この記事を読み終えると以下のことがよくわかるようになります。

  1. 発売されたお菓子の売れ行きや動向がわかる
  2. 季節によってどの商品が売れているか人気なのかクエスト(発見)できる
  3. 太らない食べ方をいろんな記事内に散りばめているので上手な食べ方が身につく
  4. とにかく太ったらどうしようと思うストレスから少しでも解放される!

古代米煎餅の基本情報

わかりやすくご紹介すると古代から栽培され伝わるお米のことです。

始めた試食したときの感想は『うまい、そして軽い』でした。煎餅の中でも非常にヘルシーとうまいを兼ね備えた感覚です。

古代米煎餅の商品情報
  • 規格:36g
  • JAN:4901035511034
  • 賞味期限:150日
  • アレルゲン情報:小麦、ごま、大豆
食感
サクサク
ふわふわ

株式会社天乃屋の公式ページはコチラからどうぞ!

天乃屋 古代米煎餅 市場の反応1 【SNS】

ピンクリ

twitterで、お見事なまでに『ザカボン』さんのツイートにて古代米煎餅の良さが凝縮されています。表現力に感服の一言です!魅力的なツイートも多く私もファンの一人です。

天乃屋 古代米煎餅 市場の反応2 【もぐナビの評価】

実は、歌舞伎揚の星の数と古代米煎餅の星の数は、古代米煎餅の方が多いんです。

おいしいと健康的を両立するのは難しいのですが、さすがです。

天乃屋 古代米煎餅 レビューのまとめ

古代米煎餅とは一体何か?

古代米とは?
  • 古代から栽培していた品種、または野生種の特徴を受け継いだお米。
  • その中でも濃い紫色をした”黒米”を使用
  • お米の紫色には、赤ワインやブルーベリーと同じ”アントシアニン”という色素(ポリフェノール)が含まれており、生活習慣病等の予防・改善等で話題
  • 気になる味は、濃厚なお米の甘さと香ばしい香り、プチプチとした食感が特徴
古代米のキヌアの画像
キヌア粒
その他の穀物
  • 古代米の他に国産うるち米、国産もち米、栄養満点なキヌア、黒ごまを配合
  • 美味しい中にヘルシー、香ばしい、食感楽しい、を詰め込んだ商品
気になる製法
  • たっぷりと水を吸わせたお米をふっくらと炊く
  • 油の中でプクっと膨れたお米の粒が味や風味、食感豊かに仕上がっています。
古代米とは
  • 日本古来から(縄文~弥生時代)栽培されてきた稲の原種
  • 稲の原種の特徴を受け継いでいると推測される有色素米
  • アントシアニンを含む”黒米”
  • タンニンを含む”赤米”
  • クロロフィルを含む”緑米”
  • 各色素はポリフェノールの一種で、ビタミン・ミネラルを持つ。
キヌアとは
  • 15世紀頃南米に栄えたインカ帝国の穀物
  • 別名を”母なる穀物”と呼びます
  • 約500年近く忘れ去られた存在
  • 再び注目を集め、またNASAも認める話題の食材

関連の歌舞伎揚の由来と歴史をどこよりもわかりやすくご紹介は、こちらからどうぞ!

『栗オネくん』

最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。
また、別の記事でお会いできれば幸いです。
もし面白かった!ためになった!とお感じになられましたらバナーをクリックして頂ければ励みとなります。

にほんブログ村 スイーツブログ スナック菓子へ
にほんブログ村
天乃屋古代米煎餅レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる