【最新版】お菓子の売上ランキングはこちらからどうぞ! PUSH

ギンビス チョコがしみこんだミニアスパラガス レビュー

ギンビスチョコがしみこんだアスパラガスビスケット
『栗オネくん』

こんにちは😀栗オネくん(@kurionekun461)です。
たくさんのブログがある中、当ブログへ今日もお越くださり誠にありがとうございます💙

ピンクリ

栗オネくん😊については、以下の通りです

今売れてるお菓子ってなんだろう。溶けないチョコレートって人気があって何かオススメのチョコレート菓子ってないのかな?

こんな質問やお悩みにお答えします。

栗オネくんのプロフィール
  • お菓子を仕事で試食して仕入れをする毎日
  • お菓子を食べ続けて3500日更新中
  • お菓子の食べ方で体重5kg減量成功!
栗オネくん
本題がはじまる前に

おいしいお菓子を買って食べている方々の顔を想像し責任を持って記事にしていきます。

是非、記事の最後までおつき合いください。

また、各メーカー様のご協力により深堀りをしていくことが出来ますことをこの場をお借りし御礼申し上げます。

以下メーカー様の敬称は略させて頂きます。

この記事を読むメリット

ブルクリ

本記事をお読みいただければ、お菓子の事全般や太るお菓子の事や太らない食べ方などをを詳しく理解できるようになり、毎日鏡の前で悩まず健康的に無理せずストレスフリーでお菓子を食べていくことができます!

目次

お菓子の重要な役割

お子様は、野菜が苦手で食べられないという方多いのではないでしょうか。

小さなお子様には好き嫌いがつきものです。

お菓子にはいろんな栄養素が含まれています

今、販売されているお菓子にはミネラル、ビタミン、などの多くの栄養素が含まれています。それは多くの企業様が食育という分野に積極的に取り組みをしているからです。

ですから、お子様の栄養補給にお菓子は最適なアイテムです。

甘いお菓子は脳に栄養素や血液を運ぶ働きがあります

脳が働くにはブドウ糖は不可欠です。1時間に5gを必要とします。ラムネのようなタブレット類は最適なお菓子です。特に受験生は必携ですね。

この記事を読み終えると以下のことがよくわかるようになります。

  1. 発売されたお菓子の売れ行きや動向がわかる
  2. 季節によってどの商品が売れているか人気なのかクエスト(発見)できる
  3. 太らない食べ方をいろんな記事内に散りばめているので上手な食べ方が身につく
  4. とにかく太ったらどうしようと思うストレスから少しでも解放される!

チョコがしみこんだミニアスパラガスの基本情報

ちょこがしみこんだミニアスパラガスの基本情報
  • 発売日:2021/3/15
  • 規格:45g
  • JAN:4901588617023
  • 賞味期限:270日
含浸製法だよ!
ギンビスの製造するチョコレートとは?
  • 夏場に溶けないチョコレートとしてギンビスオリジナル製法
  • クッキーにチョコを染み込ませることで溶けない工夫
  • 溶けないので当然手に付きにくい
食感
フワフワ
サクサク

ギンビス チョコがしみこんだミニアスパラガス 含浸製法を徹底解剖

ここから含浸製法についてどこよりも一番わかりやすく解説します。

含浸製法についてどこよりも一番わかりやすく解説
  • 含浸製法とは素材にチョコレートを染み込ませる製法の事です。
  • その製法がギンビスさんにしかできない技術でもあります。
  • この技術は他社では真似できない
  • その理由は製造する機械が世界に数台しかないからです。
  • その機械も欧州(オランダかデンマークのどちらかから)輸入されたようです。
含浸製法のチョコレートはナゼ溶けないか!

含浸製法とはチョコレートを素材に染み込ませることですが、その染み込ませ方が独特で真空状態で素材にチョコを染み込ませています。真空にすることで一度中に染み込んだチョコレートは素材から溶け出しにくくなる特徴があります。

テイスト解説
  1. 醤油
  2. ごま油

チョコレートには無関係と思われる上記の材料を隠し味として使用していますよ。チョコレートに対して革新的な挑戦です!

味もおいしいので是非是非チェックしてみて下さい。夏でも美味しいチョコレートは食べられます。

ギンビスには同じ含浸製法で作った溶けないチョコレート、GINZA RUSKなどがありますので要チェック!

ギンビス チョコがしみこんだミニアスパラガスの市場の反応【もぐナビの評価】

SNSの反応

もぐナビの2020ベストフードアワード クッキー部門で3位を受賞!

チョコがしみこんだアスパラガスビスケットの販促POP

ギンビス チョコがしみこんだミニアスパラガス レビューのまとめ

他社にない技術で勝負

スナック菓子のノンフライ製法を初めて開発したのもギンビスです。

含浸製法で溶けないチョコレートを開発したのもギンビスです。

ギンビスの底力凄いでしょう?

関連のビスケットのアスパラガスプロテイン リニューアルは、こちらからどうぞ!

『栗オネくん』

最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。
また、別の記事でお会いできれば幸いです。
もし面白かった!ためになった!とお感じになられましたらバナーをクリックして頂ければ励みとなります。

にほんブログ村 スイーツブログ スナック菓子へ
にほんブログ村
ギンビスチョコがしみこんだアスパラガスビスケット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる