【最新版】お菓子の売上ランキングはこちらからどうぞ! PUSH

『食べても太らない』お菓子の食べ方を詳しくご紹介【第2回】

『食べても太らない』お菓子の食べ方を詳しくご紹介『第2回』

太らないお菓子の食べ方ってあるんだろうか。お菓子を食べたら太ってしまうから、太らない食べ方ないの?とか太りたくないけどお菓子だけは食べたい!そういったお菓子疑問や質問にお答えします。

今回は、太るかどうかというのに関係が深い原材料と油について深掘りしていきます。

『栗オネくん』

こんにちは😀栗オネくん(@kurionekun461)です。
たくさんのブログがある中、当ブログへ今日もお越くださり誠にありがとうございます💙

ピンクリ

栗オネくん😊については、以下の通りです

目次

お菓子のパーチェイスが『栗オネくん』の仕事

  • お菓子のパーチェイスの仕事をしています
  • おいしいお菓子お届けすることを使命役割としています
  • 仕事で毎日毎日お菓子を食べ続けて3500日超えを記録中です
  • おいしさのひみつはS・E・O(砂糖、塩味、油)にあることを売上データから確信
  • 売上データは顧客の声と認識しデータベース化しています
  • でもおいしいものは売れているものに限るわけではありません

お菓子仕事で毎日毎日お菓子を食べ続けて3500日超えを記録中です

本題がはじまる前に

おいしいお菓子を買って食べている方々の顔を想像し責任を持って記事にしていきます。是非、記事の最後までおつき合いください。

ブルクリ

この記事を読めばもう、どのくらいお菓子を食べていいか?という葛藤で迷うことはありません!

 また、このブログにおきましては各メーカー様のご協力により深堀りをしていくことが出来ますことをこの場をお借りし御礼申し上げます。以下メーカー様の敬称は略させて頂きます。

お菓子の重要な役割

お子様は、野菜が苦手で食べられないという方多いのではないでしょうか。

小さなお子様には好き嫌いがつきものです。

お菓子にはいろんな栄養素が含まれています

今、販売されているお菓子にはミネラル、ビタミン、などの多くの栄養素が含まれています。それは多くの企業様が食育という分野に積極的に取り組みをしているからです。

ですから、お子様の栄養補給にお菓子は最適なアイテムです。

甘いお菓子は脳に栄養素や血液を運ぶ働きがあります

脳が働くにはブドウ糖は不可欠です。1時間に5gを必要とします。ラムネのようなタブレット類は最適なお菓子です。特に受験生は必携ですね。

この記事を読み終えると以下のことがよくわかるようになります。

  1. 発売されたお菓子の売れ行きや動向がわかる
  2. 季節によってどの商品が売れているか人気なのかクエスト(発見)できる
  3. 太らない食べ方をいろんな記事内に散りばめているので上手な食べ方が身につく
  4. とにかく太ったらどうしようと思うストレスから少しでも解放される!

『食べても太らない』ためにスナック菓子の原料を知る

スナック菓子についてスナック菓子とは何?というところから考えてみましょう。

それでは種類から例に上げてみましょう。

お菓子とは何?が気になる方はウィキペディアをご覧ください。

スナック菓子の種類
  • ポテトチップス
  • コーンフレーク
  • おせんべい
  • プレッツェル

などなど

その原料
  • じゃがいも
  • とうもろこし
  • 小麦

ウィキペディアにも歴史や宗教との関わりなどの記載はありますが、これから述べる関係性については詳しく記載がありません。

ここからは、『栗オネくん』説です。

では上記のポイントに記載しているスナック菓子の原料となるものをよく見てみましょう。

人間が世界中で長い歴史を刻んできた中でその原料すべてがその地域で主食として食べられてきたものがスナック菓子の原料となっています。

主食として毎日食べられてきたものはやはり脳にはおいしいと認識されるようになっているのでしょう。

主食なので栄養価が高い事は認めざるを得ない事実です。また、いろんなカタチで含まれる栄養が直接体に働きかけるのも事実ですね。

ということは食べすぎるとどうなるか?・・・。少し見えてきますね。

それではスナック菓子の成分に着目してみましょう。

『食べても太らない』ためにスナック菓子の油分と油の働きを知る

油についてもっと見てみよう

スナック菓子に欠かせない油、またそれは体に悪いと誤解を受けている食品でもあります。しかし油は人間にとっては必要な成分でもあります。それは様々な働きをもっているからです。油はとても効率の良いエネルギー源です。ビタミンの吸収を助ける働きさえあります。

フライパンの中のポテト画像
油の役割を見直してみよう

適量の油は人間にとって非常に大事なものです。その効果をもう一度確認してみましょう。

エネルギー源として働く

油(脂質)はご飯などの炭水化物、肉・魚などのタンパク質と並ぶ三大栄養素の一つです。摂取するとエネルギー源なので当然力が湧いてきます。

腹持ちがよい

ご存知の方が多いと思いますが、理由は胃の中で油分が膜を貼るので働きが緩やかになり食べたものを長い時間胃に留めるため腹持ちがよくなります。

ビタミンの吸収を助ける

油には、ビタミンA、D、E、K、などの油に溶けやすいビタミン(脂溶性ビタミン)の吸収を助ける働きを持っています。その他体内でビタミンAに変わるカロテノイドと呼ぶ成分の吸収も助けます。

実は、油は体に良い栄養素であるにも関わらず、太ってしまうと敬遠されがちですが、その理由は摂取過多のために起きてしまうことであり油のことを詳しく知れば大切な栄養素であることは間違いありません。

油の摂取量を適量にする。これさえ守れば太ることはありません。しかしながら油分や水分の摂取で太るなどは個人差があるので自分の適量を見極めることが重要です。

『食べても太らない』お菓子の食べ方を詳しくご紹介【第2回】のまとめ

今回も内容は太らないことと全く関係ないと感じてらっしゃるかもしれませんが、油分についてしっかり知ってもらうことが大切ですので、記しました。

油分は過剰摂取と年齢に大きく左右されます。

若ければ基礎代謝が良く1日の活動も活発なため30代までは、あまり気にしなくてもよいと思いますが、それ以上になってくると基礎代謝自体が低下するためカロリー消費が少なくなり運動や基礎代謝で使われなかった分が蓄積されていきます。

それを体内に蓄積されないようにするための方法を当ブログでご紹介していきます。

ですので今回は、

太らない方法その2:  油分が大切な栄養素でもあるので、ムリなダイエットはせず必要な油分は摂取しましょう。

を棚魔の片隅に記憶しておいてください。過剰摂取しなければ第一段階はクリアです。

まだまだ、太らないためにはいろんな要素がありますので今後もご紹介していきます。

そして統計データからみるお菓子の素顔にも迫ってみる予定です。

関連の『食べても太らない』お菓子についてくわしくご紹介【第1回】は、こちらからどうぞ!

関連の『食べても太らない』お菓子についてくわしくご紹介【第3回】は、こちらからどうぞ!

『栗オネくん』

最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。
また、別の記事でお会いできれば幸いです。
もし面白かった!ためになった!とお感じになられましたらバナーをクリックして頂ければ励みとなります。

にほんブログ村 スイーツブログ スナック菓子へ
にほんブログ村
『食べても太らない』お菓子の食べ方を詳しくご紹介『第2回』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる